第122号 2009/5/23(土)

 大いなる女性、である。
自分の母、子どもを抱えて仕事をこなす友人らを見ていてつくづくそう感じる。
母親の仕事は実に多い。しかも、さぼれないものばかり…。
会社の仕事と違い、部下に振れない。彼女らは、最優先順位を家族に置く。
自分のことだけを考えて生きている私は、頭が下がる。
 社会で生きていくうえで、物事を白黒つけられない場合に数多く遭遇する。
そんな中で、比較的女性は、ことをバランスよく折り合いをつけていく能力が高いように思う。たおやかさというものであろう。
 実にうまく家庭と仕事の切り替えをしながら、社会で活躍する、母である多くの女性たちに、あらためて敬服する。